見学・入団希望の方へ

中京大学吹奏楽部は新入団員を募集しています。
・練習日時:月、水、金 夜5時半~8時
・練習場所:中京大学 2 号館 1 階

興味のある方はお気軽に見学へお越しください。
お一人でも、お友だちとでも、何度でもOKです!
見学が初めての際は、事前に見学希望よりご連絡いただければスムーズな対応ができます。
もちろん直接足を運んでいただいても構いません。

募集には経験者、未経験者を問わないので、吹奏楽をやっていた人もこれから始めたい人も歓迎いたします。
また、当団は中京大生でなくても入団できます。他大学生・短大生・専門学校生で興味のある方もお気軽にいらしてください。
なにかありましたらお問い合わせtwitterLINE等をご利用ください。


現在、当楽団では全パートを随時募集しております。
あなたのご来団を、団員一同、心よりお待ちしています!
      
楽器 在籍者数 募集 備考
ピッコロ
フルート
5
オーボエ 2
クラリネット 6
サックス 8
トランペット 7
トロンボーン 7
ホルン 3
ユーフォニアム 3
チューバ 2
コントラバス 1
パーカッション 0 助けてー!
(2016年12月現在)

ピッコロ / フルート

フルート、ピッコロはバンドでの最高音を務める木管楽器です。
他の木管楽器や金管楽器とは奏法が異なり、吹き込んだ息の半分しか音にならないため音量は小さめですが、バンドに埋もれない澄んだ音が出ます。
そして練習をしていくととても肺活量がつきます!

音色はとても綺麗な高く響く音で、鳥の鳴き声を想起させると言われます。感情豊かにメロディーを吹くのに長けていて、物憂げな旋律から華やかな旋律まで表現することができます。

表情豊かに演奏できるフルートを一緒に演奏しましょう!
ピッコロ吹ける方大募集中です!

オーボエ

オーボエは、2枚のリードを上下に組み合わせて音を出すダブルリード楽器です。フランス語で「高い音(大きな音)の木」という意味を表しています。
見た目はクラリネットと似ていて間違えられることもありますが、その音は独特で女性の美しい声に最も近いと言われており、曲中ではソロが多い楽器です。オーボエと言われてどんな楽器かピンとこない方でも、お店やテレビのBGMで耳にする機会が非常に多い楽器ですので、一度は音色を聴いたことがあるのではないでしょうか。


そんな当団のオーボエパートは現在2人で活動しています!
オーボエのパート練習楽しそうだねと他パートから言われるくらいいつも楽しく練習をしていますので、興味のある方はぜひ遊びに来てくださいね!

クラリネット

クラリネットは吹奏楽の低音グループから最高音グループまで制覇する沢山の種類のある楽器です!とっても小さくかわいい高い音の出るエスクラリネット、1番メジャーなベークラリネット、中音域の核になるアルトクラリネット、そしてバンドの核となるバスクラリネットの4種類が吹奏楽で主に使われます!

クラリネットの最大の長所それは木でつくられた楽器から響くあたたかくここちの良い音色です!主旋律から伴奏まで幅広くこなせちゃうマルチさも素晴らしいです!繊細な表現はもちろんですが、教会でのパイプオルガンを聞いているかのように低音から高音まで響きあの細長い楽器からなっているとは思えないくらいの力強さも表現できます!


当団のクラリネットパートは7人で活動しています!中京生も他大生もいていつも賑やかで学年の垣根を超えて仲良しの笑い絶えないパートです!
しかし!練習にはすごく熱心!パート練習も学年関係なく意見が飛び交う熱心さは中京クラの昔からの良い伝統です!
そんなクラリネットパートはいつでもメンバーを募集しています!初心者でも大歓迎です!

サックス

サックスと一口に言ってもたくさんの種類があります。よく使われるものはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスの 4 種類です。それぞれふける音域が異なっており、曲中での役割が異なります。簡単にそれぞれ曲中の役割を説明すると、ソプラノとアルトはメロディーを多く吹き、テナーはメロディーも伴奏もそつなくこなし、バリトンは伴奏がほとんどといったところです。


当団ではアルトとテナーを吹く方を絶賛募集しております。現在、初心者でも可能です。また、もちろん男女どちらでも大丈夫ですよ。ちなみに当団のサックスパートの男子率は非常に高いです(笑)

興味のある方は是非遊びに来てください!!

トランペット

トランペットは主にメロディーを担当することが多く曲全体のなかでも目立つことが多い楽器です♪


音色や響きは華やかで迫力があり、ソロも豊富な花形である楽器の一つです!また、クラシック、ジャズ、演歌、ポップスなど幅広い音楽のジャンルで主役として活躍できます!そして他の金管楽器に比べて持ち運びが便利なことも特徴です^^


パートのみんなも明るく元気!
ぜひ一緒に演奏しましょう。

トロンボーン

トランペットとの金管 2 TOP!カッコイイ主旋律から、柔らかいハーモニーまで!

トロンボーンの最大の特徴は、なんといっても前に伸びた「スライド」です。長い[U]の字の形をしたスライドを、右手で軽く持ち、腕を伸ばしたり、縮めたりして、音程を変えます。スライドを伸ばすと「低い音」、縮めると「高い音」が出ます。このようにして音程を変える楽器は、ストロー笛以外にはトロンボーンただ一つです。(笑) ポジションは全部で 7 つあり、印などは一切ありません。こればかりは、奏者の感覚にたよるしかないのです。
聞いてもらってわかるように、ポジションが7つしかないということは、スライドを動かしているだけでは、とても狭い音域しか出すことが出来ません。さらに音域を広げるためには、唇の振動を自ら変えることによって、音域を増やします。そうすることによって、一つのスライドのポジションで、たくさんの音を出すことが出来るのです。また、トロンボーンの得意技のひとつで、息を入れたまま、スライドを伸縮させると、高い音から低い音へ、低い音から高い音への「グリッサンド」という、独特な音を出すことができます。

はじめのうち、トロンボーンは主に教会音楽の中で使われていました。19世紀に入ると、歌劇や管弦楽などにも用いられ、広く使われるようになりました。トロンボーンの種類はとても沢山ありますが、私達が現在使っているのは、「テナートロンボーン」、「テナー・バストロンボーン」です。一般的に一番多く使われている形です。
トロンボーンは、人間の声にとても近い楽器だと言われています。同じ楽器でも、奏者によって、様々な音色になり、人間の声が皆ちがうのと同じで、トロンボーンにも声があるんだなぁ、といつも思っています。だから、「演奏する」というよりは「歌う」と言った方が適切かもしれませんね。
実はトロンボーンにも隠れ持ったすごい才能があるんですよ!よく耳にする、力強~い音から、ささやくような、やわらか~い音まで、幅広く、表情豊かな音が出せるんです。だからソロとしても充分にすばらし~い楽器なのです。体力勝負という感じで、日によってコンディションが違ったりするのですが、それがまたやりがいがあって、面白い!少しでもトロンボーンに興味を持って頂ければ幸いです。

ホルン

こんにちは!まんまるホルンです!
カタツムリのような見た目でも、メロディ、オブリガード、伴奏、何でもこなす優秀な楽器です。

ここで豆知識を少し。ホルンの見た目で一番目を引くのは、何と言っても後ろ向きの大きなベル。昔々の人々が馬に乗って狩りに出掛けたとき、後方の仲間に分かりやすいように、合図のラッパの端を後ろ向きに作ったことが由来だと言われています。ホルンの歴史は長いのですね!

そんなホルンを担当する私達ホルンパートは現在 6 人で活動しています。パート練習はシビアですが、仲はとてもよく、笑いが絶えません。もっと溶け合った音を!もっと豊かな音色を!そんな目標を掲げながら、今日もかわいい相棒ホルンと練習します。

ユーフォニアム

みなさん。ユーフォニアム(以下ユーフォ)という楽器、ご存じですか?ユーフォを知っている方。地味な楽器だと思っていませんか?

ユーフォは、トロンボーンにはない圧倒的に綺麗な副旋律を持ち、楽器の長さがほぼ座高と一緒なためホルンよりも圧倒的に構えやすく、トランペットでは出すことの困難な圧倒的にまろやかに響く音を出し、チューバよりも圧倒的に軽いという特徴があります。
つまり、ユーフォはどの金管楽器にも負けない魅力を持っているのです。その証拠に、当団にはユーフォ奏者が5人も在籍しています。他のパートの人が少なくても、高みの見物ができます。
そんなユーフォに興味を持った方、ぜひ見学にいらしてください!

チューバ

チューバは、金管楽器のなかで最も大きな楽器です。その音は、見かけに劣らないずっしりとした響きのある音で、まさに「縁の下の力持ち」と言えるでしょう。
合奏ではおもに低音の伴奏を担当します。伴奏しかないの?と思ったあなた。楽器はトランペットですか?低音群の良さは分かる人にしか分かりません。
似たような伴奏を持つ金管楽器に、バストロンボーンがありますが、そもそもトロンボーンは音の飛んでくる楽器なので、響きが違います。好みはかなり分かれますが、チューバの音は低音ながらも美しいです。
同様に、ユーフォニアムも似たような伴奏を持ち、似たような形をしていますが、5線譜よりも下の音の響きはユーフォニアムに劣らないものがあります。

当団では、伴奏の良さが分からない人が多いためか、奏者が1人しかいません。我こそはという方、歓迎しています。

コントラバス

コントラバスはこの楽団の中で1番ノッポな楽器です!
音楽面では曲のベースになる部分を担当する低音パートの一員です!
エレキベースとの持ち替えも担当し、クラシック、ポップス、JAZZ、あらゆる分野で活躍中です!

現在団員は1人なので是非ともおいでください。

パーカッション

たくさんの打楽器を扱う、それがパーカッションパートです。

打楽器には誰もが知ってるタンバリンやカスタネットやマラカスなどがあります。もしかしたら演奏したことがある人もいるかもしれませんね。
その他にも鍵盤楽器と呼ばれる種類もあります。これは、木琴や鉄琴とも呼ばれ、一度は見たことがあるのではないでしょうか。鍵盤楽器は音階のある打楽器です。曲によっては中心となるメロディーを演奏することもあります。
打楽器には金属の楽器もあります。それがシンバルです。両手に持ってシャーンと大きな音がなるあの楽器です。
そして忘れてはいけないのがドラムセットです。いろんな種類の打楽器が集まっており、曲の大切な支えになります。時にはメロディーを、時にはリズムを。

たくさんの表情をお見せする、パーカッションパートをよろしくお願いします!

Copyright(c) Chukyo University Band of Symphony. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system